2006年12月15日

とつぜんですがラスベガス

かなり唐突ですが、World Salsa Championshipsに参加するために、ラスベガスに来ています。

今年のWSCのSemi Finalは、
・On1:28組
・On2:22組
・キャバレー:18組
・チーム:15チーム
で、本日はそれぞれのDivisionの半分の組がパフォーマンスをしました。
本日木曜日、日本勢はSALSABROSAとHide&Rikaが登場。
Tetsu&EmiとMasaki&Minakoは明日金曜日です。
(くじ引きで決められました。)

本日の主要な登場人物は:
<On1>
・Abel & Zulmara→昨年の優勝者の貫禄を見せたが、途中で女性の両足が床から離れたための減点がどう響いてくるか!?(On1・On2のDivisionでは、両足が床から離れると10%の減点を食らってしまう。)
・その他、相当ハイレベルなダンサーがかなりいたが、名前わからず。

<チーム>
・SALSABROSA→ブロッサらしく、会わせる所をしっかりと合わせた、素晴らしいパフォでした!日本人以外も結構盛り上がってました。
・PB&G→昨年優勝の実力通り、かなりシンクロしたすばらしいパフォでした。
・Descarga Caribe→少しチームとしてのシンクロ具合は低かったものの、オリジナリティ溢れる振付で素晴らしかった。
・Sin City Salseros→ラスベガス地元のチームでスピード&エネルギー抜群で、かつシンクロ度も高し。
・その他、名前わかりませんが、凄いチーム多し。

<On2>
・Oliver & Luda→目立ったミスもなく、昨年の優勝者の貫禄を見せた。昨年と同じ技も多かったが、さらにクリーンアップされていた。
・John&Liz→昨年3位だが、新しい振付なのか、前半何度かミスっぽいところがあった。後半は持ち前のエネルギー全開のシャインで盛り上がった。
・その他、これまた相当ハイレベルなダンサーがいたが、名前わからず。

<キャバレー>
・Alex Da Silva & ??→アレックス節をきかせた、スムーズなリフトでベテランの貫禄を見せたが、On Alexな部分の採点がどうなるか!?
・Powel & Dora→2004年日本に来日したトロントのペア。水曜日のQualifying RoundからSemi Finalに上がってきた。ミスが目立ったが、観客の声援を受けていていいパフォでした。
・jayson molina愛弟子ペア(名前不明)→前評判通りのリズミカルなアクロバットで会場を大いに盛り上げ、パフォ後はカメラが早速追いかけ始めました。
・Hide&Rika→大舞台でも緊張した様子を見せずに、自分達の世界を作り上げました。すばらしい!
・その他、いろいろ凄かった。

どのDivisionも、無名(?)なのに凄いダンサーが多く、なりの激戦となる模様。コングレスでも見たこといのに、どこにいたの!?という感じ。それにInternational感が強く、見たことのないようなテイストの振付も多かった。

明日は、On1ではIshidro & Shila、On2ではJunior & Emilyなどが控えております。

Finalistの発表は現地時間の金曜日深夜過ぎとなります。

お楽しみに!
posted by まさき(ち) at 19:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サルサ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!!!!
早く続きが読みたい!!!

見にいきたかった!!!
会場で応援したかった!!!

がんばれ〜!!!
Posted by Naomi@SHJ at 2006年12月16日 16:01
羨ましい!!
僕もアメリカでサルサな生活を送りたくなってきたよ。
はじめましてw遅れましたが
Posted by DonDee at 2007年04月09日 02:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29694481
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。