2005年09月15日

ベーコンそうめん

そうめんNYはすばらしい街で、まだ帰りたくないぜ!ってすごく思いますが、日本で生まれ育ったわたしたちには、やっぱり日本食が一番なのだと毎日感じています。そんなわたしたちは、今夜何回目かの「そうめん」をしました。でもねぎ・しょうがなどの薬味がないので(近所の韓国系スーパーに行けばしょうがは売ってる)、いまいちつまらんなとおもい、「はた!」と思いついたのがベーコン。もう来週末帰国なのに、冷蔵庫にはベーコンが大量待機中。そこで、そうめんのゆで汁にベーコンをくぐらせてアブラを粗く取り去り、ひとくち大に切ったものをめんつゆに入れて食してみれば、アラまあこれは鴨汁そばのそうめん版のようだわねおっかさん!けっこうおいしかったので、皆さんも試してみてください。これに万能ねぎがあったらもうほんと完璧だったね。(はっ、この言い方、ちょっと我が弟に似ている気が)しかし、わたしたちが暮らすアパート型のこの滞在場所、食器があるのは本当にありがたいのですが、すべて洋食器なのです。洋食器で日本食食べるのってすごく変なかんじです。ごはんはスープボウル(シリアル食べる時もこれ)で食べ、お味噌汁はコーヒーカップで飲むのであります。そうめんはどうしたか?写真のように、そうめんは炊飯器の釜に入れ、めんつゆはコーヒーカップですよ。変でしょう?「変だな・・・・」って思いながら食事しているけど、数ヶ月の滞在で日本食用の食器買うのも贅沢すぎだし、こんな変な食事もあと少しのあいだしか楽しめないですもんね。この炊飯器は、こちらに来てから韓国系スーパーで20ドルくらいで買ったものです。保温機能つきのものはもう少し高く30ドルほどだったので、ついケチって炊きっぱなしの方にしました。使ってみてどうだったか?10ドルくらいケチらなくてもよかったかな。しかし、すきっ腹に炊きたての白いご飯ほどおいしいものはないね!

こちらの食生活でいいな、と思うのはデリ。黄桃やスイカやいちご、ぶどうなど10種類以上の果物がそのまま食べられる状態で売られてます。あ、果物だけでなく、ご飯やお惣菜、スープも売られています。欲しいものをプラスチックの箱に詰めて、忙しい朝のごはん代わり、夜のおやつ代わりにしています。しかし、食べ物はカバーなどで覆われているわけではないので、横浜銀蝿とかがスイカのうえで休んでたり、あとこないだなんか、トング(パンやさんでパンを取るのに使うやつ)の上をゴキちゃんが歩いてたり・・・そんなのを見ても、「ええい!そんなの気にしてたらなんも食えん!」とスイカを買った私。あとは、こちらの豆乳はおいしーい!いろんなメーカーから出ていて、味もバニラとかチョコとかカプチーノ?とか色々。味で思い出しましたが、スタバで「この夏だけ」みたいな感じで、抹茶フラプチーノが売られています。2回ほどトライしましたが、抹茶ほんとに入ってる???メロン味とかの間違いじゃなくて???という味でした。アメリカの皆さんに、本当の抹茶フラプチーノを飲んでいただきたい!!と強く思いました。でも、思っただけ。
posted by もっち at 15:25| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6950666
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。